昨日より今日 今日より明日はもっと美味しく_シティ情報ふくおか

昨日より今日、今日より明日はもっと美味しく

Key preson 河原 良治 さん

欧風懐石 勝 オーナーシェフ

大野城市北部の乙金は、近年、大型ショッピングセンターができるなど、新たな住宅地として発展している地区だ。この場所で25年間、地元の人々に愛され続けてきたフランス料理の店がある。
「僕は博多区の生まれなんですが、20mも行けば大野城市だったので、ほとんど大野城市で育ったようなもの。大阪で修業して、24歳の時に独立。ここにお座敷も備えた、お箸で食べる欧風懐石のお店をつくりました。それがこの地域にマッチしたんです。ファミリー客が多く、しかもお座敷があるので、お爺ちゃんやお婆ちゃんも使え、餅踏みやお宮参りなど、3世代揃って使えるフランス料理店になったんです。お座敷はさらに会社の忘年会や新年会にも使われるようになりました。ここまでやってこれたのも、お客さんにとって使い勝手のいい店だったということなんでしょうね」。料理も家族が食べるということで、添加物を一切使わず、すべて手作りにこだわった。ベーコンもすべて自家製にこだわっているそうだ。

河原さんはある時、大野城市と商工会に誘われ、まちづくり活動に加わるようになった。
「数年前、商工会と大野城市で町おこしをしようという話になった時、僕は食というテーマで何かしよう思ったんです。その時、上大利地区で食べられてた「鶏ぼっかけ」という家庭料理があるのを市って、それを大野城市のB級グルメにしようとしたり、大野ジョーくんをモチーフにハッピーリングというドーナツをお菓子屋さんと作ったりもしました。大野城市には商工会も若い個人店舗のオーナーも、みんなでまちのことを話し合える雰囲気があります。みんな大野城市のために何かしたいという気持ちが強いんです」
毎月第2日曜に同級生と白木原駅周辺でゴミ拾いをしているという。誰かのためになるならと、軽い気持ちで始めたこと。「昨日より今日、今日より明日、少しずつでもいいから良くしたい、美味しくしたいと思うのが料理人」と河原さんはいう。小さな行動でも、昨日より今日、今日より明日、まちはもっと住み良くなっているだろう。大野城市が住みよいまちと言われる理由は、実はそんなところにあるかもしれない。

シティ情報ふくおか 特別編集 ウェルカム大野城市!より

関連記事

PICKUP!

ピックアップ おすすめ記事
  1. 大野城の宝フォトコンテスト写真募集要項

  2. おおのじょうまちなかわくわくパビリオン説明会中止のお知らせ

  1. おおのじょう商品券取扱加盟店になりました!

  2. ジョーマスク好評販売中だじょー!

  3. 夢灯りの展示

  4. おおの山城大文字まつり  資料展示会

  5. 大文字の点灯

月別アーカイブ