大野ジョー報シート

民具6(アイロン)①

場所
大野城市
分類No.
文-0025み

写真①はコテ(鏝)という道具です。コテは、三角形をした鉄に木でできた柄がついたものです。コテというと、壁を塗るときに使うものもありますが、これは布や衣類のしわを伸ばすのに使います。また、着物の仕立てをするとときに縫い代を割ったり、袖口を仕立てたりするのに使用していました。今も使われているアイロンですね。


コテは昭和のはじめごろから使われていました。使い方は、先の鉄の部分を火鉢などに直接差し込んで温めて使います。布に当てるときは、当て方が強すぎると布が焦げてしまうので、力加減には注意していたそうです。

写真3の電気のコテは和裁用コテといって、今でも着物を仕立てる人が使っています。コテを立てておける筒状の容器に入れておくだけで温まります。

                       
(大野城市歴史資料展示室 解説シート 民族No.23より)

PICKUP!

ピックアップ おすすめ記事
  1. 大野城の宝フォトコンテスト写真募集要項

  2. おおのじょうまちなかわくわくパビリオン説明会中止のお知らせ

  1. 👑Shalleton motor services 

  2. 【開催終了】おおのじょう ふるさと作家アート展

  3. エコバッグにポーチ付きだじょー‼

  4. 【開催終了】チョークアート5人展

  5. 【受付終了】手づくりアロマキャンドルと光のたび

月別アーカイブ