大野ジョー報シート

絵馬(夏越し祓い祇園踊りの絵馬)

場所
大野城市乙金2丁目16(乙金宝満神社内)
分類No.
歴-0017

市内最古の絵馬

江戸時代後期の天保2(1831)年に博多の町絵師、村田東圃によって描かれた市内の神社に奉納(ほうのう)されている中で最も古い絵馬である。『市指定有形民俗文化財』

絵馬に描かれている絵は、旧暦6月の祇園祭の祓い「夏越し祓い」にちなんだ踊りの様子を現わしている。11人の男女が、手に扇を持ち輪になり右回りに踊っている姿が描かれている。身のこなしや表情から踊っている人物の生き生きとした楽しそうな様子が伝わってくる。この絵馬は風俗画として当時の習俗、また服装や髪形などを知る上で貴重な資料である。

大野城市 教育委員会ふるさと文化財課 啓発・整備担当  電話:092-558-2206 ファクス:092-558-2207

 

PICKUP!

ピックアップ おすすめ記事
  1. 大野城の宝フォトコンテスト写真募集要項

  2. おおのじょうまちなかわくわくパビリオン説明会中止のお知らせ

  1. 【受付終了】手づくりアロマキャンドルと光のたび

  2. 大野城ウィンターイルミネーション☆

  3. 想いをカタチに!みんなで育む「願いの木」

  4. 【終了】つなぐマルシェ ~今できること明日は笑顔で~

  5. 【受付終了】『大野城市民吹奏楽団 第35回 定期演奏会』♬♪

月別アーカイブ