大野ジョー報シート

春日原停留所運動場道

場所
大野城市筒井2丁目2-37周辺
分類No.
歴-0035か

市民の寄付で開通した道

大正13年4月12日に現在の西日本鉄道が福岡~久留米に電車を開通し、春日原停留所(現在の春日原駅)が設置された。当時は日田街道から駅に至るまで、雑木林を通り抜ける小道しかなかったため、雑餉隈在住の草壁幸一氏が、道路敷地並びに道路建設費1830円を寄付し、開通された。

道を記念して建てられた石碑の正面に書かれた運動場とは、大正13年に造られた当時福岡市になかった運動公園(陸上競技場兼ラグビー場)の事で、プロ野球の試合なども行われ大変賑わった。
しかし昭和25年に平和台球場が完成すると、春日原運動場は昭和30年に全面撤去され現在は住宅地になっている。

 

PICKUP!

ピックアップ おすすめ記事
  1. 大野城の宝フォトコンテスト写真募集要項

  2. おおのじょうまちなかわくわくパビリオン説明会中止のお知らせ

  1. おおのじょう商品券取扱加盟店になりました!

  2. ジョーマスク好評販売中だじょー!

  3. 夢灯りの展示

  4. おおの山城大文字まつり  資料展示会

  5. 大文字の点灯

月別アーカイブ